三菱の中古車

三菱の新車販売台数はここのところ少しずつ良くなってきているそうですが、何も登録車に大ヒット車種があるわけではなく、軽自動車のeKシリーズがコンスタントに売れているからだそうです。

 

確かに現在の三菱の登録車ラインナップを見ると大きな販売台数を生むような車がありません。

 

しかし、中古車市場は違います。

 

スポーツモデルのランサーエボリューションシリーズや、ギャランVR-4、コルトラリーアートバージョンR、FTO、デリカシリーズなど非常に人気の高い車がたくさんあるのです。

 

どれも三菱に勢いがあった時代に作られていた車で、開発資金も豊富にあったためかなり入れ込んで作られたものばかりなのです。

 

三菱の元気がなくなったのは、三菱ふそうのリコール隠し問題で業績が悪化したことが起因となっていますが、それだけではなくくだらないエコブームがはやったせいでもあります。

 

三菱は常に速い車作りを成し遂げてきました。

 

それがランサーエボリューションシリーズやギャラン、FTO、パジェロという具体的な形として表れているのですが走行性能と低燃費性能というのは相反するもので、他の自動車メーカーがエンジンパワーや走行性能を低下させてまでも低燃費を目指していたところ、三菱はそれをよしとはせず、引き続き走行性能重視の車作りを行っていたのです。

 

燃費が良ければ優れた車、自分で買わなくても親と共同でファミリーカーを買った方が楽、という傾向の中では当然のごとく三菱の高性能車は売れず、結果的に業績が悪くなってしまったということなのです。

 

そこで急いでミラージュやアウトランダーPHEV、i-MiEVなど作ったところで間に合いません。

 

それが現在の三菱の状況なのです。

 

こういった状況下で、いい車をたくさん作ることができず、ふと振り返ってみたら今の車より中古車販売店に並ぶような車の方が良い車ばかりという状態になってしまったのです。

 

新車市場ではいまいちですが、中古車市場や買取では結構いい値段となっているそうです。