三菱ふそうのリコールの真実

三菱ふそうトラック・バスは、三菱グループに属する大型商用車専門の自動車メーカーです。

 

このメーカーは過去にリコール隠しとそれを起因とされる重大な死亡事故を起こしており、それによって世の中から叩かれ、関係のない三菱自動車が販売する乗用車まで、疑いの目をかけられるようになりました。

 

この事故は、走行中にホイールを固定するハブボルトが折れたことによって操作不能となり、トラックが人をはねてしまったというものなのですが、結果的に三菱ふそうが強度が弱いハブボルトを使用し、過去にもハブボルトが折れた事実を隠していたことが原因とされました。

 

確かにこの部分はその通りだと思いますが、一つ気になる点があります。

 

それは、事故をおこしたトラックや過去にハブボルトが折れたといっているトラックのほとんどが三菱ふそうで定期点検なり車検整備なりのメンテナンスを受けていたのではなく、運送会社などの自社内にある整備工場でメンテナンスを受けていたというのです。

 

そこで指摘されるのが、タイヤを外して整備した後のタイヤの取り付け作業です。

 

通常、ディーラーではタイヤを付けるときに最後は必ずトルクレンチというナットを締める力を一定にする工具を使って規定トルクで締めて仕上げるのですが、ハブボルトが折れたという車の整備にはそれが使われていなかったというのです。
トラックのハブボルトはかなり太くて丈夫に作られているのですが、たかが金属です。

 

何回も規定トルク以上の力を入れられたのでは、開発時に想定した強度でもすぐに金属疲労を起こしてしまうでしょう。

 

その結果、重量のあるボディを支えきれずハブボルトが折れたということになるのです。

 

これがこの事件の真実だと思われます。

 

乗用車でもトルクレンチを持たないサンデードライバーなどがハブナットを締めるときにレンチを足で踏みつけて力いっぱい締め付けている姿を見ますが、これは整備としては絶対にやってはいけないことで、トルクレンチがないのであれば、自分でタイヤを外そうだなんて思わない方がいいでしょう。