三菱と日産の軽自動車が同じなわけ

最近の軽自動車というものは燃費も良く、キャビンも登録車並みに広くなってきており、ファーストカーとしても需要も大きくなってきています。

 

軽自動車といえば、スズキやダイハツが有名ですが、昨年あたりから登録車ばかり作っていた日産や過去にたくさんの軽自動車を作ってきた三菱の軽自動車が注目されてきています。

 

ただ、この三菱と日産が販売する軽自動車は、ほぼ同じものが発売されており、過去にあったような三菱の軽自動車を日産がOEM供給を受けて販売しているだけかと思っていたのですが、ここ最近の動きを見るとどうやらそうではないらしいのです。

 

はっきり言って三菱と日産が販売する車は、全く同じです。

 

三菱eKワゴンシリーズと日産デイズシリーズは同じもの、三菱eKスペースと日産デイズルークスは同じもので、若干エクステリアやインテリアのデザインが違うだけで、中身は全く同じです。

 

では、この車どうやって2つの自動車メーカーに供給されているのでしょう。

 

実は、これらの軽自動車は、三菱と日産が資金を半分ずつ出し合って作った軽自動車開発会社「NMKV」から居休されているのです。

 

日産は軽自動車を作る技術も生産ラインも持たないので、軽自動車は作れません。

 

三菱は技術も生産ラインも持っているのですが、独自で軽自動車を開発・生産する資金がありません。

 

どちらも一長一短のある企業同士が力を合わせて作ったのがNMKVなのです。

 

開発・設計はすべてこのNMKVで行い、実際の生産は三菱の部品と三菱の生産ラインを使って行われているので、見た目的にはほとんどが三菱製となっているのですが、形的には三菱製ではなくNMKV製ということになるのです。

 

この計画はしばらくの間、続けられるそうで今後も三菱・日産の連合軍が軽自動車のマーケットを騒がしていくことになるでしょう。