i-MiEVのために設計された『i』

三菱は、他の自動車メーカーがやれハイブリッドだ、やれ低燃費エンジンだといっているときから電気自動車、EVの開発を行ってきました。

 

その結果として売り出されているのが、軽乗用モデルのi-MiEVや軽商用車のミニキャブミーブ、ミニキャブミーブトラックということになるのですが、このEV開発を行ったおかげで作ることができたという車もありました。

 

それは現在では、すでに生産終了となっているのですが、iという軽自動車で、非常に独特なスタイルを持つ車です。

 

もともとこの車は、EVとしてつくるi-MiEVのために設計された車だったのですが、i-MiEVだけのために使うのではもったいないということで、ガソリンエンジンを搭載した軽自動車として作られたものです。

 

iが持つ現在の軽自動車としては非常に珍しいミッドシップレイアウトというのも実は、i-MiEVと同じレイアウトで、電気モーターや制御システム、大型のリチウムイオンバッテリーを搭載するために開けられた部分が、リヤ周りであったことからエンジンもその部分に搭載される形になり、結果的にミッドシップレイアウトになったのです。

 

しかし、こういった経緯で作られた車でありながらこの車意外と面白い車で、当時だんだん減りつつあったターボエンジンを搭載していたおかげで、ミッドシップレイアウトも伴って走行性能に優れた軽自動車となっていました。

 

ミッドシップレイアウトを持つことから広いラゲッジスペースは確保できていませんが、軽自動車に求められる広いキャビンは持っているので実用には全く問題はありませんでした。

 

まさに三菱が作る軽自動車といっても過言ではありません。

 

中古車市場でも人気で、普通の軽自動車に飽きた方からの需要が大きいそうです。