三菱車の特徴記事一覧

三菱ふそうトラック・バスは、三菱グループに属する大型商用車専門の自動車メーカーです。このメーカーは過去にリコール隠しとそれを起因とされる重大な死亡事故を起こしており、それによって世の中から叩かれ、関係のない三菱自動車が販売する乗用車まで、疑いの目をかけられるようになりました。この事故は、走行中にホイールを固定するハブボルトが折れたことによって操作不能となり、トラックが人をはねてしまったというものな...


ミニバンブームも一段落しましたが相変わらず、「とりあえずミニバン」という傾向はいまだに続いているようです。三菱のミニバンといえば、大きいものからデリカD:5、デリカD:3、デリカD:2と3種類ありますが、この中で純粋な三菱製のミニバンとなっているのはデリカD:5だけです。デリカD:5は、先代モデル、先々代モデルに、デリカスペースギアやデリカスターワゴンなどのオフロード走行性能も兼ね備えた車を持って...


最近の軽自動車というものは燃費も良く、キャビンも登録車並みに広くなってきており、ファーストカーとしても需要も大きくなってきています。軽自動車といえば、スズキやダイハツが有名ですが、昨年あたりから登録車ばかり作っていた日産や過去にたくさんの軽自動車を作ってきた三菱の軽自動車が注目されてきています。ただ、この三菱と日産が販売する軽自動車は、ほぼ同じものが発売されており、過去にあったような三菱の軽自動車...


三菱は、他の自動車メーカーがやれハイブリッドだ、やれ低燃費エンジンだといっているときから電気自動車、EVの開発を行ってきました。その結果として売り出されているのが、軽乗用モデルのi-MiEVや軽商用車のミニキャブミーブ、ミニキャブミーブトラックということになるのですが、このEV開発を行ったおかげで作ることができたという車もありました。それは現在では、すでに生産終了となっているのですが、iという軽自...


三菱の新車販売台数はここのところ少しずつ良くなってきているそうですが、何も登録車に大ヒット車種があるわけではなく、軽自動車のeKシリーズがコンスタントに売れているからだそうです。確かに現在の三菱の登録車ラインナップを見ると大きな販売台数を生むような車がありません。しかし、中古車市場は違います。スポーツモデルのランサーエボリューションシリーズや、ギャランVR-4、コルトラリーアートバージョンR、FT...